24歳大学生のかかしです。

 

 

 

 

 

これは僕が大学生の時の話です。

 

前回の体験談はコチラから読めます。

 

→ 【AGA体験談かかし編⑤】

春風と濡れた髪で目の前に広がる絶望的な荒れ野原

 

その日は良く晴れた春の日でした。

 

学年が変わり授業やサークルの新年度の準備に追われて、

そろそろ髪の毛伸びてきたなぁー」と感じてから2週間くらいたっていました。

 

そんな忙しさか春になって気が緩んだのか、

その日はいつもより遅く起きてしまい、

寝癖をシャワーで無理やり直していそいで朝の講義に向かっていました。

 

大学へ向かう道中では日差しは暖かかったのですが、

 

風が強くて少し肌寒く感じていました

 

大学にたどり着き、講義に入る前に急に尿意を感じたのでトイレに向かいました。

用を済ませ手を洗い終わったところで、ふと正面の鏡を見ました。

 

鏡に映っていたのは、ボサボサの髪の毛が逆立ち頭皮のスケた自分の姿でした。

衝撃的なハゲ丸出しの髪を必死に水で整える・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもより伸びた髪が、春風によって乾かされるのと同時に乱され、

 

細い髪の毛がフワフワと逆立ちまるで花を

植える剣山のような風貌になっていました。

 

 

 

 

 

 


「なんだこれ!」
自分の髪型というか髪の透け具合に驚き、

 

とにかくその髪の毛を整えようと

水道の水を手ですくいとりパシャパシャと頭にかけました

 

水で濡らして、押さえつければ一時的には

ハネていた髪がおさまりましたが、

すぐにハネが戻ってきてしまいます

 

結構な水を頭にかけて、

何とか納得できる具合まで髪の毛を寝かせることに成功しました

 

しかし、水で濡れたことで地肌の透けは目立つようになったので

そこからさらに地肌を隠すために髪の毛を整えようといじり始めました。

 

自分の髪との格闘を続けているさなかに、トイレに数人の学生が入ってきました。

 

僕はの薄毛を隠すために髪の毛をいじる哀れな姿を人に見られるのに耐え切れず

髪をとにかく真ん中の方に寄せるだけよせ、その場を立ち去りました。

 

風に暴かれた薄毛はハゲ散らかり、悪夢は繰り返す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義室に入り、座席はいつもは前の方に座っていましたが、

その日は自分の頭を見られるのが嫌だと感じて後ろの方の席に座りました。

 

いつもより集中しにくい講義が終わると、

ひとめに付かないようにさっさと後ろの扉から退出しました。

 

次の講義室は別の建物にあったので、再び外に出ることになりました。

 

風はいぜんとして強く吹き荒れていて

講義中に乾ききらなかった髪の毛を再びかき乱していきました。

 

そのため、講義室に入る前に

自分の髪の毛の状態がどうしても気になってしまい

再びトイレに駆け込みました。

 

鏡をみてみると、そこには

今朝トイレで見た時よりもいっそう酷く乱れた髪の自分の姿でした・・・

 

「これはもうダメだ・・・」と思いながらも、

少しでもマシにしようと再び髪を濡らして整え講義に向かいました。

 

人目を気にしながら、

この髪の毛を治すのと講義を受けるのをその日は計4回繰り返しました・・・。

 

以上のことから学んだのは

「薄毛にとって強風の日は死活問題!!」

 

だと言うことです。(笑)

 

ちなみに、その後、僕が強風対策として

実践して比較的効果が出ている方法があります。

 

それは、なるべくハードスプレーで固めることです。

 

髪の毛を朝シャンしてセットし、ドライヤーでブローして

ハードスプレーでガチガチに固めれば、かなり目立たなくなります。

 

その中でも特にオススメなのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ルベル トリエ スプレー 10」

 

このスプレーはAmazonや楽天のみならず、

LOFTで買うことが出来るのですが

 

「セットしているのが分からないぐらい自然と固めてくれます」

 

強風で髪の毛が乱れて、薄毛が目立ちまくる時は

この方法で対応してみて下さい。

 

以上、かかしレポートでした!

 

次回は、あの超有名育毛剤シリーズのリアップに興奮した兄の惨事の話をしますね!(笑)

 

→ 【AGA兄話その②】リアップが家に来た!?かかし兄が薄毛に負けて育毛剤に手を出す!!