かかしです、

 

 

 

 

 

今日は、一見、AGA治療に関わる話ではないと思われるかもしれませんが

今後、治療を継続していく上でも、AGAを克服して、

見た目だけではなく、心をイケメンにしていくためにも、

 

その後の人生をより充実させたものにする為にも

重要なお話をしてければと思います。

 

もしかしたら、ちょっと重めの内容になるかもしれませんが

ご了承くださいー!

薄毛でも良いじゃない!本音と建前について

先日、尊敬するとある方から、

 

人生の中で心の底からの本音を話す事で道がひらけていく

 

という話を聞きました。

 

その時に感じたのは、

本音は自分は昔から、まともに話せた記憶がないです。

ずっと「建前」で生きて、「本音」を出すことにもすごく恐怖を感じています。

 

AGA治療も、正直長年若ハゲで悩んではいたものの

内藤さんに背中を押してもらうまでは、

勇気を出して治療に行くことすらできませんでした。

 

少しずつでも本音が出せていけるように自分の殻を切り崩していきたい。

 

心の底からそう思います。
なのでまずは、「信頼できる内藤さんに話す」という形が

自分にとっては一番やりやすいかなぁーと思いました。

 

本音を話した瞬間

少し、重めの記事になるかもしれませんが

お許し下さい。

 

思い出したのが大学4年の今年になって、初めてfacebook上ですが、

高校の時に病んで毎日命を絶とうと思っていた

高校生活を送っていたことを公表し、

 

結果的に中高の知り合いにも知られる形になり、

いままで抱えていた心の負担が軽くなったことがありました。

 

本音というか過去に抱えていたもの

(いままで後悔と恥でしかなかった経験)を出すことで、

たしかに自分の過去を肯定できて前に進めたような気がしました。

 

この機会に見られることを気にせず、

いままで言えてなかった本音を書こうと思います。

 

私はまだまだ弱く、惰性が多いうえに表面上は良くつくろっていても

 内面で悪い気持ちにとらわれることが多いです。

 

人の役に立ちたいと思いながらも、

人からエネルギーを奪っていることが多いと思います。

 

もっと真摯に頑張ろうと思っても惰性

短期的な欲に負けてしまい果たせないことが多いくせに

人から良い評価を受けたいと思って、悪い部分を隠し

良いように見せかけようとしてしまいます。

 

自分に悪い気持ちが芽生えることが多いので、

人に裏切られるのが怖くて信頼することもできていないと思います。

 

悪魔的な感情を持ち、人に見せている顔の1/1000程度

いい人間ではないと思っています。

 

人に優しくしようとしても本心から

本当に優しくできているのか不安になります。

 

それでも偽物の善人面でも、いつか本当に人に優しく人を

幸せにできるような人になってみたいと思っています。

 

以上になります。

 

日報(ジャーナル)をノートに付ける

ちょっと恥ずかしかったのですが、

 

思い切って今の想いを書いてみました。

 

実は、こんな感じの日報(ジャーナル)をノートにまとめることで

毎日の改善点がわかりますし、日々の自分の進捗度合いも分かってきます。

 

例えば、AGAの生克服体験談をこのブログでは

お伝えしているわけですが

 

日々の気づきを残すことにより、

自分の課題(メンタル、ノウハウ、AGAを克服した先の未来)も

かなり、明確化出来て、ブレなくなります。

 

ジャーナルの3要素

この気付きノートを書くにあたり、

理想は3つの要素で構成するようにします。

 

1.本日あった出来事の羅列

2.その日、1日の感想

3.最後に気づきor改善点を書く

 

今回は、その中の要素の3つ目の気づき部分ですが

最近、僕が記している内容を参考に公開します。

 

週報ぐらいの形で投稿で来たら身が引き締まるのかなぁーと思うので

長くなってしまいますが、投稿の下の方に書くことにします。

 

3/1
・大学の友人にAGA治療をしているということを告白した

・少しづつ頭皮状況が改善してきた気がする。

恐怖の克服が自分にとってもずーと大きな課題になっていると思った。

・安全地帯をまずは作れるようになりたいと思った。

3/2
・現状維持しかしないという考え方だと早死にするという話を聞いて、
挑戦できないことリスクを取れないことは、結果的にリスクになると思った。

・まずは内藤さんに本音をさらけ出そうと思った。

3/3
・TPPの話などを聞いて将来が不安になったが、世の中がどう変わっても
本当にやりたい「生き方」は変わらずそれをやるだけだと思って落ち着いた。

3/4
・自分が長所だと思っていること(人を理解してあげることや周囲への気遣い)
は評価されづらいと思った。

しかも、目に見えて分かる学力や収入といった指標に比べて、
パッとしない上に軽視されると思った。

しかし、そんな自分のことも気づいて評価してくれる後輩がいてくれて嬉しかった。

3/5
・だれかのサポートに向いている正確ならば、
それを全身全霊をもってやっていきたいと思った。

3/6
・自分は人に認められたい我が強くでるところがあり、
他の人より優れていると見せたがったり、分かりやすく評価の高いこと
成績・年収・最新の研究や難しい分野に挑戦している人など)を羨ましく思い、

自分のやりたかったことから気持ちがそれて、
そっちの方に行ってしまいたくなることに気づく。

3/7
・自分が嫌っている人は「自分で自分が許せていないところ」を
相手が表現しているものだと思った。

そこから学びを得るなら相手を嫌うのではなく、
まずはその自分の中の課題と真っ向から向き合って
悪いところを正すか受け入れていこうと思った。

自分が嫌いな人=自分自身の嫌いなところとして、
現状で浮かんでいる課題は

「怠惰」「プライドが高い」「女性からエネルギーを奪おうとする」だと確認できた。

3/8
・適当に、雑に扱っていたものが多かったので、
ものや人を適切なところに「無意味」を作らないことを
徹底したいと思った。

「意味を持たせる」こと「価値を置くこと」を徹底していきたいと思った。

 

という感じで、このように書き記すことにより

日々の心境や自分の人生の進捗状況が手に取るように分かってきますね。

 

AGA治療を行っていく上で、治療費の問題や継続的な習慣化

一体何のために髪を生やすのか?

 

このような目的や方向性を忘れてしまうと、

途端にモチベーションは下がってきますし、

ただ、見た目だけ改善しても人生は良くならないと感じます。

 

なので、自分自身をAGAハゲという1つの悩みを通して

己を磨いていく道というのを、僕自身は追求して

いきたいなと感じている次第です!

 

それでは、また!

 

トレンディデビルかかし