24歳大学生のかかしです。

 

 

 

 

 

 

これは僕が高校生だった時の話です。

 

かかしの兄の鬼畜的行為は、こちらから読めます。

→ 育毛剤と称しアロエ酒を父のハゲ頭にかける兄

 

育毛剤との出会いのきっかけはヤンチャな兄・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にはヤンチャな兄がいるのですが、

乱暴で体が強いこともありスポーツでバリバリ活躍して

男友達と悪ノリのヒドイ遊びばかりしていました。

 

そんな兄も大学生になり、髪の襟足だけ伸ばしたり

いきなり髪の毛を金髪に染め上げて帰ってくるなど

女の子を意識してオシャレをするようになってきました。

(方向性がおかしいのはツッコまないでwww)

 

しかしながら、そんな髪の毛のいじり方をしていても父がハゲていることもあり

遺伝でいずれ自分も薄毛になるのではないかと不安になっていました。

(僕も同じですがwww)

 

またも突然のことに兄が育毛剤を買ってきました!!

(リアップだったので、育毛剤ではなく発毛剤といった方が正しいのかもしれませんが・・・)

 

育毛剤を使う英語教師の体験談に震える・・・

 

その日から兄は毎日のように頭に育毛剤をふりかけるようになりました。

ちょうど、その頃に私の通っていた学習塾の先生が

雑談として「育毛剤」の話をしてくれました。

 

そのテンションの高い英語の先生は、

 

「薄毛がづっと気になってて、日本の育毛剤に手をだしたんだけど

効果が感じられなかったから外国製の超強力な育毛剤買ったんだよ~

 

「なんか副作用のところみてみたら、心拍数の増加心臓発作ひき起こす

 危険ありとかあるって!!使いすぎたら俺、死んじゃうかも~(笑)

 

「しかも副作用に全身の脱毛ってあって、育毛剤なのに毛が抜けるってどういうこと~

 

と楽しそうに話していたました。

 

この話を聞いた僕の率直な感想としては、

「ひょっとして育毛剤って本当はヤバい薬なんじゃないか!!」

と思ってしまいました。

 

その先生は元気そうだったので、そんなに心配しなかったのですが、

 

「兄は育毛剤を使って大丈夫かなー」とちょっと心配になりました。

副作用も発毛効果も外から見ていても分からないままだったので・・・」

 

兄は結構いい加減な性格をしていたので、

育毛剤を買った段階で若ハゲを治すというモチベーションは去ってしまったようでした。

 

一応、毎日育毛剤を使うのはいいのですが、

乱暴な兄は同時に髪の毛を伸ばしたり染めたり、

 

髪型を急に変えたりといろんなことをやっていて

本当に髪が生えたのかどうかは、はたから見てて全然分からなかったです。

 

それは、兄自身も同じだったようで効果のよく分からない薬に

お金を払い続けるのが嫌になったようで、数か月くらいでパタリと止めてしまいました。

 

兄が育毛剤の副作用で悩んでいる様子はなかったので安心はしました。

 

そして、数か月の間で兄の頭髪の様子を観察しつづけた結果、

 

発毛効果も副作用も外見ですぐに分かるではないんだなぁー

ということを悟りました。

(見た目が変わらなかったら意味ないじゃんというツッコミもしました。)

 

時は移り、僕も薄毛に当時の疑問を振り返る・・・

 

高校時代の僕は育毛剤の効果が本当にあるのかや副作用の危険性など

ネガティブな印象が植え付けられて

自分で育毛剤を試そうとは自然と思わなくなってました。

 

そんな僕も大学生になり、自分も薄毛に悩むようになったためか、

育毛剤リアップの真実を探るようになりました。

 

どうして育毛剤には、そんなに多くの副作用が書かれているのか?

 

このリアップの副作用の秘密は、

発毛成分ミノキシジルの誕生に隠されていたのですが

長くなってしまうので、それはまた別の話で・・・

 

次回につづく…

 

→ 【AGA兄話その③】スカルプDで宮迫博之たち吉本芸人に憧れる愚かな兄の末路