かかしです。

 

 

 

 

 

今回は忙しい大学生・社会人なら

誰もが一度は悩んだことのある話題です・・・

 

睡眠不足が原因で薄毛!?削られる睡眠時間に疲弊していく毛根・・・

 

大学生活でアルバイトを探していたとき、

部活の時間と被らせたくない」といった理由から

深夜帯のアルバイトをしていました。

 

帰宅する時間は深夜3~4時・・・

 

しかも、人手不足という言葉に乗せられて、

あれよあれよとシフトは増えていき、週5日以上はあたりまえ・・・

 

当然、翌日授業がある日にもバイトは入り、

睡眠時間は平均3~4時間・・・

 

体を寝起きのエナジードリンク(レッドブル)で

強制的に起こし、大学に通う日々。

 

毎日の予定をこなすだけで精いっぱいだったのですが、

鏡の前に立つと、どうしても気になってしまう薄毛・・・

そして、世間が唱える薄毛に関する提言を思い出します。

 

「睡眠時間が短いとハゲる」

薄毛やハゲにならないための睡眠時間の秘密

 

そこで、睡眠時間と薄毛の関係について調べてみました。

 

睡眠時間が短いとハゲるといわれる理由は

 

「細胞の再生が遅くなる」

「血流が悪化する」

「ストレスがたまる」

「ホルモンのバランスが乱れる」

 

などがあります。

 

そもそも薄毛にならない睡眠時間は何時間なのでしょうか?

 

実はAGA治療の有名どころ「銀座総合美容クリニック」で

カウンセリングを受けた時にこのうなアドバイスをもらいました。

 

「睡眠時間は時間帯は関係ないですが連続で4時間以上とるようにしてください。」

 

つまり、薄毛にならない睡眠時間は4時間ということになります。

 

しかし、なぜ4時間なのでしょうか?

 

AGA治療でも4時間睡眠で薄毛が改善?睡眠周期の秘密とは!?

 

その根拠となるのは睡眠周期です。

 

眠りには浅い眠りであるレム睡眠

深い眠りであるノンレム睡眠の2種類があります。

 

レム睡眠とはRapid eye movement sleep のことで、

急速眼球運動を伴う睡眠のことです。

 

つまり、眠っている間に眼玉がギョロギョロ動いている睡眠です。

このレム(REM)睡眠の間は体は寝ていますが、脳は動いているので浅い睡眠になります。

睡眠周期は睡眠中に、このレム睡眠とノンレム睡眠が定期的に訪れることをいいます。

 

90分周期で浅い眠りと深い眠りが繰り返されるという話を

聞いたことがある人も多いかもしれません。

 

また、90分の倍数で起きると深い眠り(ノンレム睡眠)から

浅い眠り(レム睡眠)に切り替わるタイミングになり

目覚めがよくなるともいわれています。

 

ここで注意していただきたいのが

睡眠周期はレム睡眠が回ってくる周期ということです。

 

これだけでは言葉足らずで「?」が出ている人がほとんどですね・・・。

 

実は深い眠りのノンレム睡眠なんですが、4段階の眠りの深さがあります。

 

そして、このノンレム睡眠はレム睡眠より眠りが深いというだけで

どの段階の眠りの深さでも睡眠周期で1周期分としてカウントされます。

 

つまり、睡眠周期は眠りの一番浅いレム睡眠で数え、

 

周期が回るごとに深い睡眠の

ノンレム睡眠は実際は徐々に眠りが浅くなっていっているということです。

 

そして重要のが、このノンレム睡眠の最も眠りが深い段階は

睡眠周期の1周目と2周目にしか訪れないということです。

 

つまり、90分×2の睡眠開始後3時間が最も重要ということになります。

この眠りの一番深い期間に成長ホルモンが分泌され、

髪の毛が成長するというわけです。

 

また、布団に入ってから眠りにつくまでの時間は

おおよその統計で10分以内だと約3割、

30分以内だと約5割、1時間以内なら9割の人が

眠りに入ることができるといわれています。

 

そのため、3時間より少し余裕をもって4時間ほどの

睡眠時間を確保することが大切になります。

 

睡眠のゴールデンタイムを生かしAGAハゲから回復!発毛促進の秘密とは!?

 

睡眠後3時間が成長ホルモンが分泌され、

発毛をはじめ体の再生全般を行う時間であり、

俗にいうところの睡眠のゴールデンタイムになります。

 

ちなみに22時から2時が睡眠の

ゴールデンタイムなどといわれることが多いのですが、

 

こちらの方は医学的な根拠が希薄なので

本当かどうかは怪しいところです。

 

1日24時間制の時間は人間社会が決めたルールでしかなく、

人の体内時計は都合よくそこに従っているわけではないからです。

(しかし、体内時計を一定に保つため毎日だいたい同じ時間に睡眠をとることは大切です。)

 

この睡眠後3時間の睡眠の

ゴールデンタイムをより深い眠りができるように

睡眠環境を整えるなどしてみるといいかもしれませんね。

 

発毛促進する睡眠改善の方法で若ハゲを克服

 

おススメの方法としては

 

・睡眠前にはパソコンやスマホ、TVの刺激的な光を見ないようにする

・睡眠前に足湯に入り、睡眠時に足が冷えないようにする

(足湯から全身浴、全身浴から足湯といった感じで入ると足の芯まで温まります。)

・湯船などで、一度全身の力を抜きリラックスする時間をもうける

 

などになります。

 

睡眠の前にひと工夫の準備をすることで、ぐっすり眠れて

ゴールデンタイムの発毛効果が生かされるようになるでしょう。

 

ぜひ、試してみてください。

 

私も、AGA治療をする傍ら、若ハゲを改善するため

この睡眠方法を取り入れたいと思います。

 

以上、かかしでしたー。